ヨガで禊ぎ(みそぎ)をする

日本人は「清める」ということを古来から大切にきました。

大掃除や、神社に参ると手や口を洗う、お風呂の習慣等、1日や1年の節目に清めることを重んじているなと感じています。


私も水回りの掃除に気を付けていたり、玄関に塩を盛ったり、お風呂にお塩やメモリーオイルを入れて、場を整えようとします。


頭がぐちゃぐちゃになってきたら、

ヨガ×塩風呂です。

お塩は食塩でも良いですが、やはり海のお塩はおすすめです。

我が家は今沖縄の粟国(あぐに)の塩というのを使っています。


このお塩、今月の24日と31日のレッスンでもお持ちします。

ご参加の方はお水をお持ちくださいね^^


話がそれましたね。

浄化としてのヨガをするときは、とことん自分の呼吸にも心の声にも耳を傾けます。

身体のつらいところがあれば、無理に稼働させたりせずに、休みたければ横になります。

動けるのであれば、何も考えず全身の緊張感をほぐすように丁寧に動きます。


この時期であれば汗をかくので、お風呂に少しお塩を入れて、

目を閉じてゆっくり浸かります。半身浴?全身?など考えず、思うがままに

実行に移します。古い記憶が浮かんでくるのであれば、

そこに寄り添って、味わったら手放します。

(これは「クリーニング」というSITHホ・オポノポノというカマイリ・ラファエロヴィッチさん考案の浄化法。ただいま実践中。体感、おすすめです!)


少し長くなりましたが、その日の疲れ、その日のうちに。

その日不調、その日のうちに、です。



(これはバリでの浄化法。その土地に合った浄化法があるので、調べてみるのも楽しい!)


4回の閲覧

aham yoga

神奈川県川崎市麻生区上麻生2-17-1

© 2020 by aham yoga

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now